第17回日本フットケア学会年次学術集会

プログラム

会長講演 「足を救い、QOLを高め、予後を改善する!」ために

2月9日(土曜日)16:00~16:30 第1会場
座長:小林 修三(湘南鎌倉総合病院)
演者:佐藤 元美(新城市民病院腎臓内科・人工透析センター)

招請講演1 足と靴と健康~シューフィッターとしての役割

2月9日(土曜日)13:30~14:20 第1会場
座長:田中 康仁(奈良県立医科大学 整形外科学教室)
演者:木村 克敏(一般社団法人 足と靴と健康協議会)

招請講演2

2月9日(土曜日)15:20~16:00 第1会場
座長:小林 修三(湘南鎌倉総合病院)
演者:秋野 公造(参議院議員)

招請講演3「ドイツにおける糖尿病足病変に携わる現場においての足部分析と患者教育~靴適合や靴下指導も含む総合的足分析と指導~」

2月9日(土曜日)17:00~18:20 第1会場
座長:西田 壽代(足のナースクリニック (社)日本トータルフットマネジメント協会)
演者:ベーレ ルッツ(ドイツ整形外科靴マイスター)

特別講演1 超高齢化社会におけるフレイルの意義とフレイル対策の将来展望

2月10日(日曜日)13:20~14:20 第1会場
座長:平松 信(岡山済生会外来センター病院 腎臓病・糖尿病総合医療センター)
演者:荒井 秀典(国立研究開発法人国立長寿医療研究センター)

特別講演2 子どもの運動発達と歩き方・足部の問題

2月10日(日曜日)11:00~12:00 第2会場
座長:佐藤 元美(新城市民病院腎臓内科・人工透析センター)
演者:和田 郁雄(名古屋市立大学大学院リハビリテーション医学講座)

教育講演1 フットケア領域における補完・代替医療

2月9日(土曜日)9:00~9:40 第2会場
座長:守矢 英和(湘南鎌倉総合病院 腎臓病総合医療センター)
演者:川嶋 朗(東京有明医療大学保健医療学部鍼灸学科)

教育講演2 杖や歩行補助具の使い方

2月9日(土曜日)11:05~11:45 第7会場
座長:西田 壽代(足のナースクリニック)
演者:田中 義行(株式会社大起エンゼルヘルプ 入居・通所事業部)

教育講演3 歩行・走行ロボットとACSIVE・aLQの双方向開発

2月10日(日曜日)9:00~9:40 第5会場
座長:市岡 滋(埼玉医科大学 形成外科学)
演者:佐野 明人(名古屋工業大学 電気・機械工学専攻)

教育講演4 脂肪組織由来間葉系前駆細胞(ADRC)移植による血管再生療法

2月10日(日曜日)9:50~10:30 第5会場
座長:川本 篤彦(神戸医療産業都市推進機構 医療イノベーション推進センター)
演者:室原 豊明(名古屋大学 循環器内科)

教育講演5 介護従事者のフットケアの重要性~日常生活の中で足をみること~

2月10日(日曜日)14:20~15:00 第5会場
座長:大桑 麻由美(金沢大学 医薬保健研究域 保健学系臨床実践看護学講座)
演者:大場 広美(フットケアセンター山形)

会長企画1 フットケアをバズらせろ!皆で考える仲間集め作戦 by “教えて、足病先生”

2月9日(土曜日)9:45~11:45 第2会場
座長:菊池 守(下北沢病院)
竹田 陽介(株式会社 Vitaly)
演者:
「教えて、足病先生」を通じて、フットケア・足病の仲間を集めよう!
菊池 守(下北沢病院)
webを活用すれば、フットケア・足病の仲間集めはできるのか?
竹田 陽介(株式会社 Vitaly)
パネルディスカッション「友達や患者さんにシェアしたくなるwebコンテンツはなに?~足病先生webサイト仲間集め会議(会場参加型)~」

会長企画2 検証!‘下肢救済加算’の成果

2月9日(土曜日)14:20~15:20 第1会場
座長:大竹 剛靖(湘南鎌倉総合病院 腎臓病総合医療センター)
熊田 佳孝(松波総合病院 心臓血管外科センター)
演者:
下肢末梢動脈疾患指導管理加算による透析施設での診療動向の変化
菊地 勘(医療法人社団豊済会 下落合クリニック)
ー下肢末梢動脈疾患指導管理加算がもたらしたものー
送る側の立場より、透析クリニックの矜持
古橋 究一((医)ふれあい会 半田東クリニック)
送られる側からの検証。下肢救済はできたのか?
宮下 裕介(長野赤十字病院循環器センター/信州大学附属病院血管内治療学講座)
コメンテーター:
石井 義輝(医療法人真鶴会 小倉第一病院 形成外科)
竹内 和航(豊橋ハートセンター)
花田 明香(新富士病院 血管外科センター)
愛甲 美穂(湘南鎌倉総合病院 血液浄化センター/フットケア外来)

会長企画3 鼎談「日本フットケア・足病医学会のこれから」

2月9日(土曜日)16:30~17:00 第1会場
座長:小林 修三(湘南鎌倉総合病院)
演者:金児 玉青(学校法人聖路加国際病院)
寺師 浩人(神戸大学大学院医学研究科 形成外科学)

特別企画 最近の関節リウマチ診療とその中での足診療

2月9日(土曜日)13:30~14:30 第3会場
座長:原口 直樹(聖マリアンナ横浜市西部病院 整形外科)
演者:平野 裕司(豊橋市民病院 リウマチ科)

よくわかる講座1「テキストに書けなかった足のバイオメカニクスのお話」

2月9日(土曜日)8:30~9:00 第7会場
座長:田中 里佳(順天堂大学医学部 形成外科学講座)
演者:泉 有紀(NHO京都医療センター WHO糖尿病協力センター )

よくわかる講座2「プライマリケアで必要なアセスメント(総論)」

2月9日(土曜日)9:00~9:30 第7会場
座長:加藤 昌子(医療法人財団 康生会 京都駅前武田透析クリニック)
演者:大江 真琴(東京大学大学院 医学系研究科附属グローバルナーシングリサーチセンター)

よくわかる講座3「地域包括ケアにおけるフットケアの現状」

2月9日(土曜日)9:30~10:00 第7会場
座長:大江 真琴(東京大学大学院 医学系研究科附属グローバルナーシングリサーチセンター)
演者:大桑 麻由美(金沢大学 医薬保健研究域 保健学系)

よくわかる講座4「機能性足底装具と適合性足底装具の製作を行う為の考え方~評価を中心に~」

2月9日(土曜日)10:00~10:30 第7会場
座長:未定
演者:大平 吉夫(日本フットケアサービス株式会社)

よくわかる講座5「プライマリケアにおけるフットケア~セルフケア支援を考える」

2月9日(土曜日)10:35~11:05 第7会場
座長:菅野 智美(社会医療法人社団 カレスサッポロ 北光記念病院)
演者:愛甲 美穂(湘南鎌倉総合病院 血液浄化センター/フットケア看護専門外来)

よくわかる講座6「足のつくり(解剖・生理)と動き(運動・病態)」

2月10日(日曜日)9:00~9:30 第7会場
座長:北野 育郎(新須磨病院 外科・創傷治療センター)
演者:山口 貴嗣(真駒内クリニック)

よくわかる講座7「糖尿病性足病変に対する治療のストラテジー」

2月10日(日曜日)9:30~10:00 第7会場
座長:大谷 則史(札幌禎心会病院)
演者:北野 育郎(新須磨病院 外科・創傷治療センター)

よくわかる講座8「フットケアに関わる社会資源 ~診療報酬と保険制度~」

2月10日(日曜日)10:00~10:30 第7会場
座長:半田 宣弘(医薬品医療機器総合機構医療機器三部)
演者:家城 恭彦(富山市立 富山市民病院)

シンポジウム1 繋がろう!透析患者のフットケアから施設連携

2月9日(土曜日)8:30~10:30 第3会場
座長:古橋 究一(半田東クリニック)
愛甲 美穂(湘南鎌倉総合病院 血液浄化センター/フットケア外来)
演者:
「田舎のクリニックと連携病院との軌跡
~笑顔が見える、声が聞ける連携をつくるまで~」
岩佐 とも美(医療法人 薫風会 高桑内科クリニック 透析室)
「透析患者の足を日々守る連携施設とのかかわり~総合病院の役割を考える~」
桒原 菜津美(社会医療法人 蘇西厚生会 松波総合病院 看護部)
「施設を超えて透析患者の足をみる。患者を「送る側」「送られる側」施設の役割と顔の見える看―看連携」
北 和子(社会医療法人明陽会 成田記念病院)
太田 彩(社会医療法人 明陽会 明陽クリニック 透析室)
「やっぱ大事やねん、地域の看護連携」
溝端 美貴(大阪労災病院 看護部)
今西 伸子(医療法人 柏友会 柏友千代田クリニック)
「透析病院と足病院のあるあるをどうするか?」
松本 健吾(社会医療法人敬和会 大分岡病院 創傷ケアセンター 形成外科)
藤本 圭一郎(医療法人 新生会 福島病院 透析室 看護部)
「連携から紡ぐ途切れなきケアから得た信頼」
柳谷 敦(桑園中央病院 救肢・創傷治療センター)
岩佐 恵奈(勤医協中央病院 血液浄化センター)

シンポジウム2 炎症性肉芽を伴う陥入爪の治療について

2月9日(土曜日)16:00~18:00 第4会場
座長:高山 かおる(済生会川口総合病院)
是枝 哲(これえだ皮フ科医院)
演者:
「炎症性肉芽を伴う陥入爪へのコットン充填固着法の限界」
長谷川 徳男(長谷川整形外科医院)
「陥入爪における3TO法の治療戦略」
竹内 一馬(医療法人たけうち 六本松 足と心臓血管クリニック)
「フェノール法」
桑原 靖(足のクリニック表参道)
「側爪郭形成術(塩之谷法)」
塩之谷 香(塩之谷整形外科)
「手術療法」
立花 隆夫(大阪赤十字病院皮膚科)

シンポジウム3 靴屋の挑戦

2月9日(土曜日)10:00~11:30 第5会場
座長:栗林 薫(株式会社フットマインド)
塩之谷 香(塩之谷整形外科)
演者:
「これしか履けないではなく、これが履きたいと思ってもらえる整形靴を作りたい。」
新井 宏明(7th seed)
「勉強会立ち上げちゃった(靴を考える会名古屋の立ち上げ)」
野村 美香(株式会社ジェイアール東海髙島屋)
「『288サイズからのパンプス選び』 ~革靴認証事業i/288ショップとなって~」
小堤 啓史(株式会社キッド)
「Gozovationの取り組み ~整形外科靴マイスターとの挑戦~」
福士 公輔(株式会社GOZO)
「靴工房の喫茶店作っちゃった ~人々の足をビジネスで守る!~」
徳山 康秀(株式会社TALARIA)

シンポジウム4 エキスパートナースのフットケア

2月9日(土曜日)14:30~16:00 第5会場
座長:加納 智美(地方独立行政法人 桑名市総合医療センター)
金児 玉青(学校法人聖路加国際病院)
演者:
「「足と生活をみる・まもる」ための看護師の役割」
細田 夕子(石川県済生会金沢病院 看護部)
「病棟から外来へ~重症下肢虚血患者に学んだ予防的フットケア~」
桒原 菜津美(社会医療法人蘇西厚生会 松波総合病院 看護部)
「足病変を予防するためのスキンケア
~療養者を長く支えるために皮膚・排泄ケア認定看護師にできること~」
市川 美代子(名古屋鉄道健康保険組合 名鉄病院)
「透析看護認定看護師の専門性を活かしたフットケア」
安藤 恭代(医療法人朝霧会じんの内医院)

シンポジウム5 フットケアにおける「足にやさしい透析療法」の意義

2月9日(土曜日)16:30~18:00 第5会場
座長:日髙 寿美(湘南鎌倉総合病院 腎臓病総合医療センター 腎移植内科)
柴田 昌典(光寿会 光寿会リハビリテーション病院)
演者:
「血圧を下げないためのHDとオンラインHDFの工夫」
菊地 勘(医療法人社団豊済会 下落合クリニック)
「腹膜透析患者の末梢動脈疾患とフットケア」
丸山 啓輔(岡山済生会総合病院 腎臓病センター)
「フットケアから見る長時間透析に期待できること」
岩月 有紀子(医療法人 豊水会 みずのクリニック)
「間歇補充型血液透析濾過(I-HDF)によるフットケア領域への期待」
武安 美希子((医)知邑舎 メディカルサテライト岩倉)

シンポジウム6 糖尿病足病変の基礎と臨床

2月9日(土曜日)14:30~16:00 第6会場
座長:金森 晃(かなもり内科)
家城 恭彦(富山市立富山市民病院 内分泌代謝内科)
演者:
基調講演「糖尿病性神経障害の病態・診断と治療」
神谷 英紀(愛知医科大学医学部内科学講座 糖尿病内科)
「早期発見・早期治療のための工夫(AAAスコアなど)」
大浦 紀彦(杏林大学)
「糖尿病足病変に対する予防的フットケアと栄養療法」
鈴木 英司(中濃厚生病院 内分泌・糖尿病内科)
「糖尿病性足潰瘍の治療(神戸分類)」
寺師 浩人(神戸大学大学院医学研究科 形成外科学)

シンポジウム7 フットケアに必要な血流評価~血管診療技師(CVT)の立場から~

2月9日(土曜日)14:20~16:00 第7会場
座長:松尾 汎(医療法人松尾クリニック)
山本 幸治(済生会松阪総合病院)
演者:
「フットケアに必要な血流評価~PWV/ABI,SPP編~」
松田 真珠美(三重大学附属病院 中央検査部 血管ハートセンター)
「下肢動脈超音波検査」
中島 晴伸(済生会みすみ病院 検査室)
「下肢静脈検査」
佐藤 洋(関西電力病院 臨床検査部)
「フットケア~CVT看護師の立場から~」
長利 麻衣子(常滑市民病院 看護局)
「フットケアに必要な血流評価―CVTの立場から―CTA検査」
髙井 洋次(藤田医科大学病院 放射線部)
「地域社会に貢献できる血管診療技師(CVT)の役割」
山本 幸治(済生会松阪総合病院 医療技術部検査課)

シンポジウム8 はじめよう!集まろう!フットケアサークル

2月9日(土曜日)16:30~18:00 第7会場
座長:上村 哲司(佐賀大学医学部形成外科)
石橋 理津子(佐賀大学医学部形成外科)
演者:
「かながわフットケア実践サークル ~小さなことでもコツコツと~」
池永 恵子(訪問看護ステーション 夢歩)
「多職種と共に大切な足を守るための活動を通して
Sapporo foot care circle can grow because there are fellow」
菅野 智美(社会医療法人社団 カレスサッポロ 北光記念病院)
「ようこそ!院内フットケアサークルへ」
細田 夕子(石川県済生会金沢病院 看護部)
「飛び出せ地域へ。想いはひとつ、「市民の足を守ろう!」を合言葉に。」
北 和子(とよあしネットワーク)

シンポジウム9 障害を持つ子供の足についての取り組み

2月10日(日曜日)9:00~11:00 第2会場
座長:井上 敏生(福岡歯科大学)
小笠原 祐子(和洋女子大学 看護学部)
演者:
「小児足部疾患に対する整形外科的治療」
若林 健二郎(名古屋市立大学 整形外科)
「歩行障害を持つ子どものリハビリと靴・装具」
多和田 忍(医療法人TRC たわだリハビリクリニック)
「脳性麻痺をもつ子どもに対する理学療法やフットケア」
野々垣 聡(愛知県青い鳥医療療育センター)
「在宅生活を送ることの難しい障害児童に対するリハビリ(上田法治療)とフットケア」
塩之谷 巧嘉(信愛医療療育センター)
「内部障害を持つ小児へのリハビリテーション」
門野 泉(名古屋大学医学部附属病院 リハビリテーション科)

シンポジウム10 足病変の発症・進展予防とリハビリテーション:臨床課題と人材育成

2月10日(日曜日)8:30~10:30 第3会場
座長:矢部 広樹(聖隷クリストファー大学 リハビリテーション学部 理学療法学科)
宇野 秋人(東名ブレース株式会社 事業開発部)
演者:
「足病変の進展予防に向けた理学療法評価・介入の実際:臨床課題」
河辺 信秀(城西国際大学 福祉総合学部 理学療法学科)
「足病変患者に対する理学療法士の関わりの実態と展望:実態調査に基づく人材育成プラン」
河野 健一(日本糖尿病理学療法学会)
「足病変の進展予防に必要な作業療法士の役割」
小野山 絢香(医療法人偕行会 名古屋共立病院)
「足病変の進展予防に必要な作業療法士の臨床課題」
髙島 千敬(広島都市学園大学 健康科学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻)
「足病変の進展予防に向けた作業療法の人材育成」
中村 春基(一般社団法人日本作業療法士協会)
「足病変の進展予防に対する効果的な義肢・装具支援のあり方:臨床課題」
砂田 和幸(有限会社砂田義肢製作所)
「足病変の進展予防に対する効果的な義肢・装具支援のあり方:人材育成」
阿部 薫(新潟医療福祉大学 義肢装具自立支援学科)

シンポジウム11 浮腫を再考する

2月10日(日曜日)14:20~16:20 第3会場
座長:菰田 拓之(岐阜ハートセンター 形成外科)
渡辺 直子(佐賀大学医学部附属病院2階西病棟)
演者:
基調講演「リンパ浮腫の病態・診断・治療戦略」
古川 洋志(愛知医科大学 形成外科)
「リンパ浮腫に対する外科治療 ~LVAの最新の知見~」
原 尚子(JR東京総合病院 リンパ外科・再建外科)
「看護師が行うリンパ浮腫への介入:複合的治療の重要性」
奥津 文子(関西看護医療大学 看護学部 看護学科)
「看護師が扱う浮腫 浮腫看護の確立に向けて
さまざまな浮腫の原因と病態への看護」
渡辺 直子(佐賀大学医学部附属病院2階西病棟)
「血管看護ができることと課題」
溝部 晶子(西南女学院大学 保険福祉学部)
「浮腫をもつ人を支える~フットケア指導士の立場から~」
細田 夕子(石川県済生会金沢病院 看護部)
「高齢者施設、在宅の立場から」
難波 名保美(SakuLa訪問看護ステーション)
「「仕方ない」では終われない循環器疾患における浮腫への看護」
菅野 智美(社会医療法人社団カレスサッポロ 北光記念病院)
「がんサバイバーとリンパ浮腫」
田端 聡(公益財団法人がん研究会有明病院)

シンポジウム12 再生医療の最前線

2月10日(日曜日)10:30~12:00 第5会場
座長:宮本 正章(日本医科大学付属病院循環器内科/高気圧酸素治療室)
横井 宏佳(福岡山王病院)
演者:
「包括的高度慢性下肢虚血肢に対する再生医療:急性期病院の現状と提案」
髙木 元(日本医科大学 循環器内科)
「脂肪組織由来間葉系前駆細胞を用いた血管再生療法」
清水 優樹(名古屋大学大学院医学系研究科 循環器内科学)
「重症下肢虚血を呈する透析患者に対するCD34陽性細胞移植治療」
大竹 剛靖(湘南鎌倉総合病院 再生医療科)
「膠原病疾患における再生医療の現状について」
吉見 竜介(横浜市立大学医学部 血液・免疫・感染症内科学)

シンポジウム13 私たちの糖尿病フットケア外来~見えてきた課題~

2月10日(日曜日)15:00~16:30 第5会場
座長:加納 智美(地方独立行政法人 桑名市総合医療センター)
小笠原 祐子(和洋女子大学 看護学部)
演者:
「糖尿病フットケア外来~見えてきた課題~」
佐藤 三津子(大船睡眠・糖尿病内科)
「当院における糖尿病フットケア外来の取り組み」
鍋山 千帆(医療法人 秋桜会 新中間病院)
「スキンケアや創傷管理の実際と、ケアを通じて見えてきた課題~多職種連携・看看連携~」
森 淳一(名古屋鉄道健康保険組合 名鉄病院 医療支援センター)
「糖尿病足病変予防のフットケア外来 継続のためにクリアすべき課題
~ケアする側・受ける側それぞれの問題~」
浅原 佳代(社会医療法人 明陽会 成田記念病院)

シンポジウム14 フットケアにおける臨床工学技士の役割

2月10日(日曜日)9:00~11:00 第6会場
座長:神戸 幸司(小牧市民病院 臨床工学科)
大浦 紀彦(杏林大学 形成外科)
演者:
基調講演「フットケアにおける臨床工学技士の役割
―モニタリング技術とチーム医療―」
長尾 尋智((医)知邑舎 メディカルサテライト岩倉)
「炎症反応・微小循環を考慮した透析膜・治療条件設定について」
前田 純(医療法人光寿会 光寿会春日井病院)
「炭酸ガスミストによる下肢末梢循環改善効果とその有用性」
小熊 博康(社会医療法人 名古屋記念財団 平針記念クリニック 臨床工学部)
「高濃度炭酸ガスミストを使用した下肢末梢血流改善の取り組みと評価」
山本 優(医療法人知邑舎 メディカルサテライト知多)
「フットケアチームにおける臨床工学技士の取り組み」
川上 崇志(新都市医療研究会「君津」会 玄々堂君津病院 臨床工学科)

シンポジウム15 歩行維持を目指した血行再建の工夫

2月10日(日曜日)14:20~16:20 第7会場
座長:小島 帯(岐阜県総合医療センター)
浦山 博(黒部市民病院)
演者:
「New deviceの効果を最大限に引き出すために
~Drug coated balloon時代の至適バルーン形成術~」
丹 通直(社会医療法人社団カレスサッポロ 時計台記念病院)
「ステント(Bare nitinol stent, drug-coated stent)を用いた血行再建」
鈴木 健之(東京都済生会中央病院)
「大腿膝窩閉塞性病変に対するViabahnの使用経験」
徳永 晴策(名古屋第一赤十字病院 血管外科)
「大腿膝窩動脈病変を有する血管性跛行肢の治療戦略」
山田 哲也(愛知医科大学 血管外科)

ワークショップ 超高齢社会でのフットケア

2月9日(土曜日)13:30~15:00 第2会場
座長:大場 広美(フットケアセンター山形)
演者:
「デイサービスでのフットケアの実施と今後の課題」
鷲見 夏子(東濃デイサービスセンター松坂)
「薬局という場を使って、フットケアを1日6名実施する仕方」
金井 栄一(やまがたアイ薬局)

パネルディスカッション 重症虚血肢への挑戦

2月9日(土曜日)16:00~18:00 第2会場
座長:鴨井 大典(大垣徳洲会病院)
遠藤 將光(金沢医療センター 心臓血管外科)
演者:
「血行維持への挑戦 Distal Bypass後のメンテナンス」
児玉 章朗(名古屋大学大学院 血管外科)
「虚血性疼痛への挑戦~脊髄刺激療法(SCS)~」
立山 真吾(潤和会記念病院ペインクリニック科)
「幻肢痛に対する微小血管塞栓術の有効性」
澁谷 真彦(オクノクリニック)
「医療経済への挑戦 重症虚血肢治療を医療経済の観点から斬る」
熊田 佳孝(松波総合病院 心臓血管外科センター)

論文投稿レクチャー

2月10日(日曜日)10:30~11:30 第7会場
座長:畑中 あかね(神戸市看護大学 看護学部)
演者:
「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針/臨床研究法を見据えた学会発表と論文投稿」
中西 健史(滋賀医科大学 皮膚科)

フットケアライブ

2月10日(日曜日)13:20~14:20 第4会場
座長:加納 智美(地方独立行政法人 桑名市総合医療センター 看護部)
桒原 菜津美(社会医療法人蘇西厚生会 松波総合病院 看護部)
演者:加藤 昌子(医療法人財団 康生会 京都駅前武田透析クリニック)

ハンズオンセミナー(バスキュラーナースの会)

2月9日(土曜日)14:00~17:00 第9会場
座長:溝端 美貴(大阪労災病院 血管診療技師)
講師:
第一部(14:00~15:30)
静脈・リンパ系:圧迫療法~弾性ストッキングと圧迫包帯、スキンケア
渡辺 直子(佐賀大学医学部附属病院 2階西病棟)
石橋 理津子(佐賀大学医学部形成外科 技術補佐員看護師)
坂田 久美子(津みなみクリニック)
第二部(15:30~17:00)
動脈系:ABI測定ドプラ法、SPP測定、血管エコー
愛甲 美穂(湘南鎌倉総合病院 血液浄化センター/フットケア外来)
渡邊 祐太(川崎医科大学総合医療センター)
比良 真実(公益社団法人 鹿児島共済会南風病院 透析室)
富田 則明(松戸神経内科)

運営:バスキュラーナースの会

実践教室1 みんなで知ろう!足の機能と歩行 ~虚血を有した患者の実用歩行を目指した評価と工夫~

2月9日(土曜日)8:30~11:30 第9会場
座長:荒川 優也(松波総合病院)
林 久恵(星城大学)
演者:
「PAD患者における足部評価および除圧サンダル・インソールの考え方」
大久保 佳範(社会医療法人 蘇西厚生会 松波総合病院)
「足底負荷量の評価と臨床応用」
清田 成晃(医療法人偕行会 名古屋共立病院 リハビリテーション課)
「荷重コントロールを考慮した医療用フェルトの使用方法」
加藤 展宏(有限会社 長良義肢製作所)
「PADに糖尿病を合併した患者の歩行の注意点と指導」
小池 孝康(岐阜保健短期大学 リハビリテーション学科 理学療法学専攻)

共催:有限会社長良義肢製作所

実践教室2 免荷・インソールの工夫

2月10日(日曜日)8:30~11:30 第9会場
講師:スリップオンサンダルを使用した免荷と工夫
岩田 純朋(株式会社松本義肢製作所)
会場係:
荒川 優也(松波総合病院)
水谷 健悟(社会医療法人 蘇西厚生会 松波総合病院 リハビリテーション技術室)

共催:株式会社松本義肢製作所

実践教室3 足エコーを極める!

2月10日(日曜日)13:20~15:20 第9会場
講師:
末梢血管エコーを極める
中島 晴伸(済生会みすみ病院 検査室)
笹木 優賢(名古屋大学医学部附属病院 医療技術部 臨床検査部門)

共催:GE Healthcare Japan

日本腎臓リハビリテーション学会合同シンポジウム

慢性腎臓病患者の歩く力・活きる力を引き出す!~運動・食事・薬物療法とフットケアの融合
2月10日(日曜日)14:30~16:30 第1会場
座長:平松 信(岡山済生会外来センター病院 腎臓病・糖尿病総合医療センター)
上月 正博(東北大学大学院医学系研究科 機能医科学講座 内部障害学分野)
演者:
「CKD患者の歩行機能の維持・向上と食事・栄養・薬物管理」
加藤 明彦(浜松医科大学医学部 附属病院 血液浄化療法部)
「CKD患者に対するリハビリテーション栄養」
若林 秀隆(横浜市立大学附属市民総合医療センター リハビリテーション科)
「運動療法やフットケアを踏まえた栄養管理の実際」
荻野 悟(医療法人新都市医療研究会「君津」会 玄々堂君津病院 総合腎臓病センター フットケアチーム)
「栄養療法を加味した透析運動療法や透析PAD患者へのアプローチ」
田村 岳志(医療法人光心会 諏訪の杜病院 リハビリテーション部)
「慢性腎臓病患者の歩く力・活きる力を引き出す!
看護師が行うCKD患者に対する運動・栄養療法とフットケア」
池田 清子(神戸市看護大学 療養生活支援学領域 慢性病看護学分野)

日本靴医学会合同企画 治療靴のデザインと効果

2月9日(土曜日)14:30~16:30 第3会場
座長:野口 昌彦(東京女子医科大学病院 整形外科)
井上 敏生(福岡歯科大学)
演者:
基調講演「治療靴-そのバイオメカニクスと臨床-」
橋本 健史(慶應義塾大学 スポーツ医学研究センター)
「治療靴、足底板の処方」
嶋 洋明(大阪医科大学 整形外科)
「治療靴・足底板のデザインの考え方」
阿部 薫(新潟医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科)
「治療靴、足底板の作製方法と注意点」
宇野 秋人(東名ブレース 株式会社)
「靴のフィッティング」
辻野 道子(神戸医療福祉専門学校三田校 整形靴科)

病院マーケティングサミットJAPAN合同企画

病院マーケティング戦略から考える足病治療とフットケア
2月10日(日曜日)13:20~14:20 第6会場
座長:小山 晃英(京都府立医科大学 地域保健医療疫学)
演者:
「“足の総合病院”に学ぶ病院マーケティング戦略」
菊池 守(下北沢病院)
「自院の専門診療を伸ばすコミュニケーション戦略」
竹田 陽介(株式会社Vitaly)
小山 晃英(京都府立医科大学 地域保健医療疫学)

日独小児靴学研究会共催企画 小児靴の正しい知識を広めるために

2月9日(土曜日)8:30~10:00 第5会場
座長:加納 智美(桑名市総合医療センター 看護部)
塩之谷 香(塩之谷整形外科)
演者:
「小児靴の正しい知識を広めるために
靴ジャーナリストの立場から—今こそ、求められる啓蒙・社会教育活動」
大谷 知子(靴ジャーナリスト)
「小児靴の正しい知識を広めるためにー医師の立場からー」
多和田 忍(医療法人TRC たわだリハビリクリニック)
「ドイツにおける小児足靴事情と比較し、日本の小児健診から小児足部~靴適合までの問題点を考える」
ベーレ ルッツ(ドイツ整形外科靴マイスター)
「子供靴の選択指標の検討―小売店の立場から―」
伊藤 笑子(フースウェルネス・フラウプラッツ)
「義肢装具士の立場から」
島村 雅徳(株式会社シンビオシス)

糖尿病足病変手術研究会共催企画 糖尿病足病変の再発予防のために~Minor Amputationの落とし穴とその回避法~

2月10日(日曜日)10:30~12:00 第3会場
座長:菊池 守(下北沢病院)
佐藤 俊昭(愛知県厚生連 海南病院 形成外科)
演者:
基調講演「糖尿病足病変に対する手術的免荷」
菊池 恭太(下北沢病院)
「小切断後のいい結果を得るために今日からできることは?
整形外科医の意見(足部変形に対する手術から)」
柴田 芳宏(JA愛知厚生連海南病院整形外科)
「前足部小切断の術後成績改善のためにリウマチ前足部変形に対する手術治療の変遷から学べること」
門野 邦彦(南奈良総合医療センター 整形外科)
「小切断後の末長い歩行を獲得するために今日からできることは
形成外科医として」
寺部 雄太(東京西徳洲会病院 形成外科)
「デブリードマン、創閉鎖における注意点と工夫」
綾部 忍(八尾徳洲会総合病院 形成外科)
「Free Flapを併用したMinor Amputationなどについて」
佐藤 精一(社会医療法人 敬和会 大分岡病院 創傷ケアセンター)

CLINCH 中部地方における重症虚血肢診療の展望~Critical Limb Ischemia Network in CHubuの活動から

2月9日(土曜日)9:00~11:45 第4会場
座長:鴨井 大典(大垣徳洲会病院)
佐藤 俊昭(愛知県厚生連 海南病院 形成外科)
演者:
「重症虚血肢に対する当院での取り組み」
小島 帯(岐阜県総合医療センター)
「循環器特化施設でCLI診療を行うために必要なこと」
菰田 拓之(岐阜ハートセンター 形成外科)
「当科における重症虚血肢に対する下腿切断術ービデオ供覧」
佐藤 俊昭(愛知県厚生連 海南病院 形成外科)
「CLINCH~名古屋大学血管外科の取り組み~」
児玉 章朗(名古屋大学大学院 血管外科)
「チーム医療でCLIに立ち向かう!」
谷川 高士(松阪中央総合病院 循環器内科)
「当院から繋がる重症下肢虚血診療 ~院内でのチーム医療から地域でのチーム医療へ~」
堀口 昌秀(伊勢赤十字病院 循環器内科)

市民公開講座

2月10日(日曜日)13:20~13:50 第2会場
人形劇
2月10日(日曜日)14:00~16:00 第2会場
司会:杉本 郁夫(愛知医科大学病院 医療安全管理室)
講演1:「「足と靴との良い関係とは」―整形靴技術の見地から―」
演者:栗林 薫(株式会社 フットマインド(代表取締役)/日本整形靴技術協会(会長))
講演2:「生活習慣病(メタボ)対策の阻害因子であるロコモティブシンドロームの理解」
演者:村永 信吾(医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 リハビリテーション事業管理部)
コメンテーター:林 久恵(星城大学)

第9回フットケア指導士交流会

2月10日(日曜日)9:00~10:30 第4会場
座長:佐手 達男(上沢クリニック 整形外科内科)

*プログラムの都合上、シンポジウムのセッション番号が一部変更になっております。
ご了承ください。

このサイトについて|Copyright © 第17回日本フットケア学会年次学術集会 All Rights Reserved.