第32回日本助産学会学術集会

COIについて

利益相反(COI)状態の開示について

 臨床研究に関する発表・講演を行う場合、講演者の皆様に、発表演題に関する利益相反状態の開示を行っていただきます。
 開示の方法は、下記の内容を発表スライドに加えていただきますようお願いいたします。なお、利益相反の有無にかかわらず、全ての発表者(講演、一般口演、ポスター発表)に開示いただく必要があります。

【スライド記載方法の例】

スライド1枚目に記載する場合
※申告すべきCOI状態がない場合

演題名:○○○○○

   ○横浜花子1)  神奈川太郎2)
    1)所属A  2)所属B
  本演題に関連して、開示すべき利益相反状態はありません。

※申告すべきCOI状態がある場合

演題名:○○○○○

   ○横浜花子1)  神奈川太郎2)
    1)所属A  2)所属B
  本演題に関連して、開示すべき利益相反状態は下記のとおりです。

以下の例を参照し、記載してください。
 役員・顧問職 ○○株式会社
 講演料    ○○株式会社
 受託研究/共同研究費 ○○株式会社
 特許使用料  ○○株式会社
このサイトについて|Copyright © 第32回日本助産学会学術集会 All Rights Reserved.