背景

一般社団法人 日本腎臓学会  臨床研修医のための腎臓セミナー

一般社団法人 日本腎臓学会  臨床研修医のための腎臓セミナー

背景
 

講師データ登録

講師の方々の講演用スライドデータをインターネットによるオンライン登録となります。
登録ボタンから登録をお願い致します。登録内容は、お名前、ご所属、略歴(テンプレート有り)、宿泊申込みをお願い致します。
登録の際は、ご自身でパスワードを設定していただきますのでパスワードの保管をお願い致します。
パスワードは、講演用スライドデータを変更する際に必要となります。
登録いただきましたら登録受領メールを送信いたします。一週間ほど経過しても確認メールが届かない場合は、お手数ですがお問い合わせください。

プロフィールご提出のお願い

シラバス集に先生方のプロフィールを掲載致します。
経歴や趣味、腎臓を選択した契機、研修医に望むこと何でも結構です。

  1. プロフィールWord文書A4版1枚にまとめてください。
  2. 写真(任意)JPEGファイル(3MB以下)の画像データ

スナップ写真のデータでも構いません。

シラバス作成について

各セッションご担当の先生方は、セッション内で連絡を取り合っていただき、内容の調整をお願いいたします。

  1. シラバス(2穴式バインダー形式)を作成いたします。
    イメージは右図の通りですが、文書のみでも結構です。
    PPTもしくはWordにて作成いただいたシラバスデータをオンライン登録してください。
  2. 予算の都合、基本的には白黒印刷となりますが病理、写真等、カラーでないと見難い資料についてはカラー写真とさせていただきます。
  3. PPTでの登録の場合はアニメーションを使用しないでください。
  4. ご使用のOS(Win・Mac)、PPTのヴァージョンをお知らせください。
  5. シラバス配布のタイミングをお知らせください。
     A.予めシラバスに全て綴じ込む
     B.講演直前に配布する
     C.講演終了後に配布する
  6. 参加対象は初期研修医を想定していますので症例は初期研修医が興味を持てるような状況設定でお願いいたします。
  7. 症例を担当される先生はタスクフォースガイドの提出をお願いいたします。
    ※タスクフォースにセッションのねらい等を理解してもらうために必要です。

    タクスフォーガイド(CKD 症例提示編)pdf
  8. アナライザーを用いてのクイズ問題を作成ください。クイズは五者択一で選択肢は番号(1.2.3.4.5)でお願いいたします。
    アナライザーアンケートの実際の流れ(腎臓セミナーバージョン)pdf

ご講演について

  1. 発表・討論時間は時間厳守にてお願いします。
  2. 発表方法は全てコンピューターによる発表です。なおPC(Windows7)は事務局で用意いたします。
  3. 発表時間の30分前までに会場のデータ受付にお越しいただき、データを試写、確認していただきます。
  4. 発表データはWindows Power Pointにて作成し、CD-ROMまたはUSBです。
  5. ソフトはPower Point2007/2010/2013、解像度はXGA(1024×768)まで対応可能です。
  6. Power Pointのデータ作成おいては、Windows標準フォント(MS・MSPゴシック、MS、MSP明朝 、Times New Roman、Century等)をご使用ください。(それ以外は正しく表示されない場合がございます)
  7. PC本体をお持込の場合は電源アダプターをご持参ください。
  8. アニメーション・動画を使用する場合、Macintoshの場合はPCをご持参ください。
  9. プロジェクターとの接続はミニDSUB15ピン3です。これ以外の形状の外部モニター出力端子の場合は、ご自身で「変換アダプター」をご持参ください

シラバス製本日程の都合上、提出期日厳守にてお願いいたします。

宿泊・参加予定・データ登録

※学会規定の謝礼金・交通費を請求書(講師の先生はご提出をお願い致します。)
この用紙をダウンロードwordして、ご記入していただきセミナー当日必ずご持参の上、腎臓学会事務局担当へご提出下さい。
ご提出いただけない場合は謝礼金・交通費のお支払いができませんのでご注意下さい。

問合せ先

臨床研修医のための腎臓セミナー 運営事務局
(株)メディカル東友 コンベンション事業部
神奈川県厚木市幸町9-10第2ファーメルビル2階
電話:046-220-1705 FAX:046-220-1706
E-mail:jinzou@mtz.co.jp

 
背景 copyright(c)2005 the japanese society of nephrology all rights reserved 背景
一般社団法人 日本腎臓学会