第46回日本臨床免疫学会総会

MENU

日程表・プログラム

日程表

日程表

プログラム

プログラム(PDF版)

シンポジウム1「感染症とワクチン」

日時:11月8日(木曜日)9:00~11:00
会場:第1会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 長野)
座長:樗木 俊聡(東京医科歯科大学・難治疾患研究所 生体防御学分野)
   山西 吉典(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 免疫アレルギー学分野)
演者:

  1. 「成人T細胞白血病に対するHTLV-1 Taxを標的とした治療ワクチンの開発」
     神奈木 真理(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 免疫治療学分野)
  2. 「自然免疫シグナルからみた感染防御制御のメカニズム」
     高岡 晃教(北海道大学遺伝子病制御研究所 分子生体防御分野)
  3. 「細胞死が放出するDAMPsとそのワクチンへの応用」
     石井 健(国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 アジュバント開発プロジェクト/大阪大学免疫学フロンティア研究センター ワクチン学)
  4. 「ウイルス感染に対する宿主核内システムの応答機構」
     今井 由美子(国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所)

シンポジウム2「腫瘍免疫」

日時:11月8日(木曜日)14:40~16:40
会場:第1会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 長野)
座長:玉田 耕治(山口大学医学系研究科 免疫学分野)
   門野 岳史(聖マリアンナ医科大学 皮膚科)
演者:

  1. 「幹細胞様メモリーT細胞(iTscm)誘導による効果的がん細胞療法の開発」
     吉村 昭彦(慶應義塾大学医学部 微生物学免疫学教室)
  2. 「プロテオゲノミクスがもたらした腫瘍免疫の新展開」
     鳥越 俊彦(札幌医科大学医学部 病理学第一講座)
  3. 「肺癌に対するPD-1阻害薬効果とT細胞免疫」
     各務 博(埼玉医科大学国際医療センター 呼吸器内科)
  4. 「腫瘍免疫の先駆け、メラノーマ」
     福島 聡(熊本大学大学院生命科学研究部 皮膚病態治療再建学分野)

シンポジウム3「システム臨床免疫学アプローチ」

日時:11月9日(金曜日)9:00~11:00
会場:第1会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 長野)
座長:森尾 友宏(東京医科歯科大学大学院 発生発達病態学分野)
   藤尾 圭志(東京大学医学部 アレルギー・リウマチ内科)
演者:

  1. 「疾患感受性遺伝子の探索と疾患発症メカニズムの解明」
     岡田 随象(大阪大学大学院医学研究科 遺伝統計学)
  2. 「ヒトゲノム解析による自己免疫疾患の病態メカニズムの理解」
     高地 雄太(理化学研究所生命医科学研究センター 自己免疫疾患研究チーム)
  3. 「シングルセル解析による線維芽細胞亜群の同定と関節リウマチの病態解析」
     溝口 史高(東京医科歯科大学大学院 膠原病リウマチ内科学)
  4. 「炎症性腸疾患発症に関わる複雑な遺伝子発現制御機構」
     桃沢 幸秀(理化学研究所統合生命医科学センター 基盤技術開発チーム)
  5. 「遺伝性免疫疾患研究における細胞社会のオミックス解析」
     小原 收(かずさDNA研究所 臨床オミックス研究グループ/理研生命医科学研究センター 統合ゲノミクス研究チーム)

シンポジウム4「生物学的免疫治療のタイミングと使い分け:各領域の相違点から学ぶ」

日時:11月10日(土曜日)8:55~10:55
会場:第1会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 長野)
座長:久松 理一(杏林大学医学部 第三内科学教室)
   川上 純(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 先進予防医学共同専攻リウマチ・膠原病内科学分野)
演者: 

  1. 「関節リウマチについて」
     川尻 真也(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 先進予防医学共同専攻地域医療学)
  2. 「脊椎関節炎について」
     門野 夕峰(埼玉医科大学 整形外科)
  3. 「生物学的製剤による乾癬治療の進歩:そのタイミングと使い分け」
     山本 俊幸(福島県立医科大学 皮膚科)
  4. 「ぶどう膜炎について」
     園田 康平(九州大学大学院医学研究院 眼科学)
  5. 「SLEにおける生物学的免疫治療のタイミングと使い分け」
     保田 晋助(北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室)
  6. 「炎症性腸疾患領域における生物学的製剤の位置付け」
     仲瀬 裕志(札幌医科大学医学部 消化器内科学講座)

ベーシックシンポジウム1「腫瘍免疫学の最新知見と治療への応用」

日時:11月8日(木曜日)9:00~11:00
会場:第2会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 桜)
座長:河本 宏(京都大学ウイルス・再生医科学研究所 再生免疫学分野)
   鳥越 俊彦(札幌医科大学医学部 病理学第一講座)
演者:

  1. 「がん幹細胞に対する免疫応答と特異的免疫療法」
     廣橋 良彦(札幌医科大学医学部 病理学第一講座)
  2. 「がん免疫におけるマクロファージの役割」
     菰原 義弘(熊本大学大学院生命科学研究部 細胞病理学)
  3. 「がんの悪性化・難治化に関与する新規因子IL-34に関する研究」
     清野 研一郎(北海道大学遺伝子病制御研究所病態研究部門 免疫生物分野)
  4. 「iPS細胞技術を用いたがん抗原特異的CTLの量産 —即納型T細胞製剤の開発に向けて—」
     河本 宏(京都大学ウイルス・再生医科学研究所 再生免疫学分野)
  5. 「慢性骨髄性白血病におけるチロシンキナーゼ阻害剤の効果はKIRおよびHLAのアリル多型と相関する」
     進藤 岳郎(京都大学医学部附属病院 血液内科)

ベーシックシンポジウム2「新規T細胞サブセットと疾患」

日時:11月8日(木曜日)14:40~16:40
会場:第2会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 桜)
座長:松本 功(筑波大学医学医療系 内科(膠原病・リウマチ・アレルギー))
   川畑 仁人(聖マリアンナ医科大学 内科学(リウマチ・膠原病・アレルギー内科))
演者:

  1. 「TPHと自己免疫疾患」
     今村 充(聖マリアンナ医科大学 リウマチ膠原病アレルギー内科)
  2. 「Th9細胞とアレルギー性疾患」
     佐伯 真弓(公益財団法人東京都医学総合研究所)
  3. 「濾胞ヘルパーT細胞とIgG4関連疾患」
     亀倉 隆太(札幌医科大学医学部附属フロンティア医学研究所 免疫制御医学部門)
  4. 「自己免疫性関節炎を抑制する制御性T細胞サブセット -Tr17と関節リウマチ-」
     近藤 裕也(筑波大学医学医療系 内科(膠原病・リウマチ・アレルギー))
  5. 「担がん個体におけるIL-6シグナルを介したTh1応答抑制とその解除療法の奏功」
     西村 泰治(熊本大学大学院生命科学研究部 免疫識別学分野)

ベーシックシンポジウム3「B細胞・抗体と疾患」

日時:11月9日(金曜日)9:00~11:00
会場:第2会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 桜)
座長:田中 良哉(産業医科大学医学部 第1内科学講座)
   浅野 善英(東京大学大学院医学系研究科・医学部 皮膚科)
演者:

  1. 「多発性硬化症における病態マーカーとしてのplasmablast」
     中村 雅一(国立精神・神経医療研究センター神経研究所 免疫研究部/北祐会神経内科病院)
  2. 「ヒトB細胞分化における免疫代謝の役割と自己免疫病態への関与」
     岩田 慈(産業医科大学 第一内科)
  3. 「医工連携研究による単一細胞サイトカイン解析が紐解く、自己抗原特異的B細胞の全身性強皮症における役割」
     吉崎 歩(東京大学大学院医学系研究科 皮膚科学)
  4. 「膠原病とエフェクターB細胞」
     新納 宏昭(九州大学大学院医学研究院医学教育学講座)

ワークショップ1「医工連携研究が切り開くimmunological medicineの未来」

日時:11月8日(木曜日)9:00~10:15
会場:第3会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 浅間E・F)
座長:早川 智(日本大学医学部 病態病理学微生物分野)
   吉崎 歩(東京大学大学院医学系研究科 皮膚科学)
演者:

  1. 「エピゲノムを読み解く:医工連携への期待」
     伊藤 隆司(九州大学大学院医学研究院 医化学分野)
  2. 「マイクロ/ナノ流体工学を基軸とした医工連携研究 -東大病院との連携研究を例に-」
     北森 武彦(東京大学大学院 工学系研究科)

ワークショップ2「生体イメージングによる免疫疾患の理解」

日時:11月8日(木曜日)10:15~11:30
会場:第3会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 浅間E・F)
座長:椛島 健治(京都大学医学研究科 皮膚科)
   菊田 順一(大阪大学大学院医学系研究科 免疫細胞生物学)
演者:

  1. 「インフルエンザウイルス感染肺の生体イメージング」
     植木 紘史(東京大学医科学研究所 感染・免疫部門ウイルス感染分野)
  2. 「脳免疫細胞の生理機能とその破綻による疾患の可能性」
     和氣 弘明(神戸大学大学院医学研究科 システム生理学分野)
  3. 「免疫疾患制御を目標としたユビキチン鎖可視化技術(PolyUb-FC)の開発」
     大島 茂(東京医科歯科大学医学部附属病院 消化器内科)

ワークショップ3「腸内細菌叢と免疫疾患」

日時:11月8日(木曜日)14:40~15:55
会場:第3会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 浅間E・F)
座長:山村 隆(国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 神経研究所)
   三森 経世(京都大学大学院医学研究科内科学講座 臨床免疫学)
演者:

  1. 「腸内細菌叢による炎症修飾」
     三宅 幸子(順天堂大学大学院医学研究科 免疫学)
  2. 「肝臓疾患の病態における腸内細菌の関与」
     中本 伸宏(慶應義塾大学医学部 消化器内科)
  3. 「日本人多発性硬化症患者の腸内細菌叢解析」
     竹脇 大貴(国立精神・神経医療研究センター神経研究所 免疫研究部)

ワークショップ4「免疫疾患におけるシグナル伝達異常」

日時:11月8日(木曜日)15:55~17:10
会場:第3会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 浅間E・F)
座長:渥美 達也(北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室)
   桑名 正隆(日本医科大学大学院医学研究科 アレルギー膠原病内科学分野)
演者:

  1. 「B細胞シグナル異常とシグナルを標的とした治療の可能性」
     松下 貴史(金沢大学 皮膚科)
  2. 「自己免疫疾患の病態におけるセマフォリン分子の意義と作用」
     西出 真之(大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫内科学)
  3. 「IL-1βはDKK1阻害によりWntシグナルを増強する」
     山崎 聡士(久留米大学医療センター リウマチ・膠原病センター)
  4. 「腸管上皮バリアにおける転写因子JunBの役割」
     片桐 翔治(東邦大学医学部内科学講座 膠原病学分野(大橋))
  5. 「シェーグレン症候群唾液腺におけるToll-like receptor7-9の発現と機能について」
     清水 俊匡(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 先進予防医学共同専攻 リウマチ膠原病内科)

ワークショップ5「臨床免疫学的トランスレーショナルリサーチ」

日時:11月9日(金曜日)9:00~10:15
会場:第3会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 浅間E・F)
座長:仲 哲治(高知大学医学部 免疫難病センター)
   金井 隆典(慶應義塾大学医学部内科学(消化器))
演者:

  1. 「腸上皮オルガノイドを用いた炎症性腸疾患に対する治療の開発」
     岡本 隆一(東京医科歯科大学)
  2. 「インドール化合物による大腸炎抑制機序の解明と治療法開発
     吉松 裕介(慶應義塾大学医学部 内科学(消化器))
  3. 「多発性骨髄腫に対する新規CAR-T細胞療法の開発」
     保仙 直毅(大阪大学大学院医学系研究科 癌幹細胞制御学)
  4. 「新規炎症マーカーLRGの同定からIBDバイオマーカーとしての実用化まで」
     仲 哲治(高知大学医学部 免疫難病センター)

ワークショップ6「アレルギー疾患」

日時:11月9日(金曜日)10:15~11:30
会場:第3会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 浅間E・F)
座長:熊ノ郷 淳(大阪大学 呼吸器免疫内科)
   中島 裕史(千葉大学大学院医学研究院 アレルギー・臨床免疫学)
演者:

  1. 「線維化誘導-病原性ヘルパーT細胞が誘導する組織線維化の形成機構について」
     平原 潔(千葉大学大学院医学研究院 免疫発生学)
  2. 「皮膚のバリア機構とアレルギー」
     江川 形平(京都大学大学院医学研究科 皮膚科学)
  3. 「2型自然リンパ球による抗原に依存しないアレルギー病態増悪機構」
     本村 泰隆(理化学研究所生命医科学研究センター 自然免疫システム研究チーム)
  4. 「腸管環境ビッグデータから紐解くアレルギー克服への新展開」
     國澤 純(国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 ワクチンマテリアルプロジェクト&腸内環境システムプロジェクト)

ビギナーズセミナー1「関節リウマチの基礎と臨床」

日時:11月8日(木曜日)13:10~13:40
会場:第1会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 長野)
座長:高柳 広(東京大学大学院医学系研究科 免疫学)
演者:山岡 邦宏(北里大学医学部 膠原病・感染内科学)

ビギナーズセミナー2「皮膚免疫の基礎と臨床」

日時:11月8日(木曜日)13:10~13:40
会場:第2会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 桜)
座長:藤本 学(筑波大学医学医療系 皮膚科学)
演者:長谷川 稔(福井大学医学部 皮膚科)

ビギナーズセミナー3「腸管免疫の基礎と臨床」

日時:11月8日(木曜日)13:10~13:40
会場:第3会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 浅間E・F)
座長:渡辺 守(東京医科歯科大学 消化器病態学)
演者:小林 拓(北里大学北里研究所病院 炎症性腸疾患先進治療センター/北里大学医療系研究科 炎症性腸疾患臨床研究寄附講座)

ビギナーズセミナー4「神経免疫の基礎と臨床」

日時:11月8日(木曜日)16:40~17:10
会場:第1会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 長野)
座長:神田 隆(山口大学大学院医学系研究科 神経内科学)
演者:佐藤 和貴郎(国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター神経研究所 免疫研究部)

ビギナーズセミナー5「眼免疫の基礎と臨床」

日時:11月8日(木曜日)16:40~17:10
会場:第2会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 桜)
座長:園田 康平(九州大学大学院医学研究院 眼科学)
演者:楠原 仙太郎(神戸大学大学院医学研究科外科系講座 眼科学分野)

ビギナーズセミナー6「骨免疫の基礎と臨床」

日時:11月9日(金曜日)14:45~15:15
会場:第2会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 桜)
座長:廣畑 俊成(北里大学医学部 膠原病・感染内科/信原病院・リウマチ科)
演者:三村 俊英(埼玉医科大学 リウマチ膠原病科)

ビギナーズセミナー7「生殖免疫の基礎と臨床」

日時:11月9日(金曜日)14:45~15:15
会場:第3会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 浅間E・F)
座長:辻 典子(産業技術総合研究所)
演者:相澤(小峯) 志保子(日本大学医学部 病態病理学系微生物学分野)

Clinico-immunological conference

日時:11月9日(金曜日)13:45~15:15
会場:第1会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 長野)
座長:亀田 秀人(東邦大学医学部内科学講座 膠原病学分野)
演者:

  1. 「成人発症スチル病との鑑別を要し、MEFV遺伝子異常と末梢血単球の異常活性化を認めた難治性Sweet病の一例」
     江口 瑞奈(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科先進予防医学共同専攻 リウマチ膠原病内科学分野)
  2. 「顔面から頸部の表在感覚障害をきたしたIgA血管炎の1例」
     千藤 荘(神戸大学医学部附属病院 膠原病リウマチ内科)

奨励賞ノミニー講演

日時:11月9日(金曜日)15:15~17:15
会場:第1会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 長野)
座長:三宅 幸子(順天堂大学医学部 免疫学)
   藤尾 圭志(東京大学医学部 アレルギー・リウマチ内科)
演者:

  1. 「滑膜線維芽細胞による関節リウマチの炎症形成メカニズムに対する遺伝免疫学的アプローチ」
     土屋 遥香(東京大学医学部 アレルギー・リウマチ内科)
  2. 「血中体細胞モザイクの遺伝的背景と臨床的意義の解明」
     寺尾 知可史(理化学研究所 生命医科学研究センター 統計解析研究チーム)
  3. 「トファシチニブは骨髄由来抑制性細胞(MDSC)の増殖を促しSKGマウスの間質性肺炎を抑制する」
     千藤 荘(神戸大学医学部附属病院 膠原病リウマチ内科)
  4. 「Clonalに増殖したCD4+CTLとTfh細胞はIgG4関連疾患の病態形成に関与する」
     前原 隆(九州大学大学院歯学研究院 口腔顎顔面病態学講座 顎顔面腫瘍制御学分野)
  5. 「オートファジーは滑膜線維芽細胞においてビメンチンのシトルリン化およびMHC class IIとの相互作用を促進する」
     菅原 恵理(北海道大学大学院医学院/医学研究院 免疫・代謝内科学教室)
  6. 「DNA/HLAクラスII複合体によるDNA応答性B細胞の活性化」
     辻 英輝(京都大学大学院医学研究科内科学講座 臨床免疫学)
  7. 「患者由来iPS細胞を用いた未診断原発性免疫不全症の原因検索」
     本田 吉孝(京都大学医学部附属病院 小児科)
  8. 「生体イメージングを用いた炎症
     性腸疾患モデルにおける回盲部免疫応答の観察」

     小島 裕大(東京医科歯科大学 消化器内科)

学生・初期研修医セッション

日時:11月10日(土曜日)9:00~10:40
会場:軽井沢プリンスウエスト 1階 白樺
座長:溝口 史高(東京医科歯科大学大学院 膠原病・リウマチ内科学)
【第1部】9:00~10:00 学生・初期研修医によるポスター発表
【第2部】10:00~10:40 激励公演:

  1. 「未来を担う若手への『研究』のススメ」
     岡田 賢(広島大学大学院医歯薬保健学研究科 小児科学)
  2. 「臨床医と基礎免疫 ~膠原病内科医の立場から~」
     土屋 遥香(東京大学 アレルギーリウマチ内科)

アニュアルエビデンスレビュー1

日時:11月10日(土曜日)11:00~12:20
会場:第1会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 長野)
座長:渥美 達也(北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室) 座長:松本 功(筑波大学医学医療系 内科)
演者:

  1. 「関節リウマチのエビデンスレビュー」
     山岡 邦宏(北里大学医学部 膠原病・感染内科学)
  2. 「皮膚免疫疾患治療の最新エビデンス」
     藤本 学(筑波大学医学医療系 皮膚科学)

アニュアルエビデンスレビュー2

日時:11月10日(土曜日)13:30~14:50
会場:第1会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 長野)
座長:渥美 達也(北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室)
座長:松本 功(筑波大学医学医療系 内科)
演者:

  1. 「膠原病のエビデンスレビュー」
     保田 晋助(北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室)
  2. 「免疫チェックポイント阻害剤のエビデンスレビュー」
     塚原 智英(札幌医科大学 病理学第一講座)

ランチョンディスカッション1

「リウマチ・膠原病の骨マネジメント」
日時:11月8日(木曜日)12:15-13:00
会場:第1会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 長野)
座長:田中 良哉(産業医科大学医学部 第1内科学講座)
演者:渥美 達也(北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室)
共催:第一三共株式会社

ランチョンディスカッション2

「関節リウマチに対するCD80/86標的療法による関節破壊制御と寛解休薬」
日時:11月8日(木曜日)12:15-13:00
会場:第2会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 桜)
座長:南木  敏宏(東邦大学医学部内科学講座膠原病学分野)
演者:平田 信太郎(広島大学病院 リウマチ・膠原病科)
共催:小野薬品工業株式会社/ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社

ランチョンディスカッション3

「若年性特発性関節炎の診断と治療の最新知見」
日時:11月8日(木曜日)12:15-13:00
会場:第3会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 浅間E・F)
座長:武井 修治(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科(小児科))
演者:伊藤 秀一(横浜市立大学大学院医学研究科 発生成育小児医療学)
共催:ノバルティス ファーマ株式会社

ランチョンディスカッション4

「関節リウマチの治療とバイオシミラーへの期待」
日時:11月9日(金曜日)12:15-13:00
会場:第1会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 長野)
座長:山中  寿(東京女子医科大学 医学部 膠原病リウマチ内科学講座)
演者:田中 良哉(産業医科大学医学部 第1内科学講座)
共催:ファイザー株式会社

ランチョンディスカッション5

日時:11月9日(金曜日)12:15-13:00
会場:第2会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 桜)
座長:川人  豊(京都府立医科大学大学院医学研究科 免疫内科学)
  1. 「関節炎におけるIL-6阻害の意義―基礎的考察―」
     松本  功(筑波大学医学医療系内科(膠原病・リウマチ・アレルギー))
  2. 「関節リウマチにおけるIL-6阻害の臨床的有用性」
     演者:森信 暁雄(神戸大学大学院医学研究科内科学講座 腎臓・免疫内科学)
共催:中外製薬株式会社

ランチョンディスカッション6

「関節リウマチにおけるTNF-αを中心とした炎症性サイトカインの役割」
日時:11月9日(金曜日)12:15-13:00
会場:第3会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 浅間E・F)
座長:藤井 隆夫(和歌山県立医科大学 リウマチ・膠原病科学講座 )
演者:藤尾 圭志(東京大学大学院医学系研究科内科学専攻 アレルギー・リウマチ学)
共催:田辺三菱製薬株式会社/ヤンセンファーマ株式会社

ランチョンディスカッション7

「関節リウマチ治療におけるサリルマブの役割」
日時:11月10日(土曜日)12:35-13:20
会場:第1会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 長野)
座長:田村 直人(順天堂大学医学部 膠原病内科)
演者:川畑 仁人(聖マリアンナ医科大学 リウマチ・膠原病・アレルギー内科)
共催:旭化成ファーマ株式会社

イブニングディスカッション1

「関節破壊抑制効果からみた関節リウマチ治療の最適化
~アダリムマブ最新エビデンスからの考察~」

日時:11月8日(木曜日)17:25-18:10
会場:第1会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 長野)
座長:桑名 正隆(日本医科大学大学院医学研究科 アレルギー膠原病内科学分野)
演者:藤井 隆夫(和歌山県立医科大学リウマチ・膠原病科学講座)
共催:アッヴィ合同会社/エーザイ株式会社

イブニングディスカッション2

「大型血管炎の画像診断と改訂ガイドライン」
日時:11月8日(木曜日)17:25-18:10
会場:第2会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 桜)
座長:土橋 浩章(香川大学医学部 内科学講座 血液・免疫・呼吸器内科学)
演者:吉藤  元(京都大学大学院医学研究科 内科学講座臨床免疫学)
共催:日本メジフィジックス株式会社

イブニングディスカッション3

「生物学的製剤の構造と薬理活性」
日時:11月8日(木曜日)17:25-18:10
会場:第3会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 浅間E・F)
座長:亀田 秀人(東邦大学医学部 内科学講座膠原病学分野)
演者:藤尾 圭志(東京大学大学院 医学系研究科内科学専攻 アレルギー・リウマチ学)
共催:あゆみ製薬株式会社

イブニングディスカッション4

「WoCBA(Women of Child-Bearing Age)患者の現状と治療課題
~免疫からみた妊娠維持機構とその破綻~」

日時:11月9日(金曜日)17:30-18:15
会場:第1会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 長野)
座長:土橋 浩章(香川大学医学部 内科学講座 血液・免疫・呼吸器内科学)
演者:齋藤  滋(富山大学附属病院 産科婦人科学)
共催:ユーシービージャパン株式会社/アステラス製薬株式会社

イブニングディスカッション5

「PsAの病態解明に基づいた治療戦略 -IL-17に着目して-」
日時:11月9日(金曜日)17:30-18:15
会場:第2会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 桜)
座長:住田 孝之(筑波大学医学医療系 内科(膠原病・リウマチ・アレルギー))
演者:新納 宏昭(九州大学大学院医学研究院 医学教育学講座)
共催:ノバルティス ファーマ株式会社/マルホ株式会社

イブニングディスカッション6

日時:11月9日(金曜日)17:30-18:15
会場:第3会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 浅間E・F)
座長:小林 一郎(KKR札幌医療センター 小児・アレルギーリウマチセンター)
  1. 「筋炎の臨床と自己抗体」
     中嶋  蘭(京都大学大学院医学研究科内科学講座臨床免疫学)
  2. 「筋病理と自己抗体」
     清水  潤(東京大学大学院医学系研究科 神経内科学)
共催:一般社団法人 日本血液製剤機構

モーニング教育セミナー1

「TNFα制御による寛解後を見据えたリウマチ診療」
日時:11月9日(金曜日)8:00-8:45
会場:第1会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 長野)
座長:亀田 秀人(東邦大学医学部内科学講座 膠原病学分野)
演者:松本  功(筑波大学 医学医療系内科 膠原病・リウマチ・アレルギー)
共催:ファイザー株式会社/武田薬品工業株式会社

モーニング教育セミナー2

日時:11月9日(金曜日)8:00-8:45
会場:第2会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 桜)
座長:上阪  等(医療法人社団 桐和会)
  1. 「BAFF標的療法の将来的可能性」
     沖山 奈緒子(筑波大学医学医療系皮膚科)
  2. 「SLEにおけるBAFF標的療法の位置づけ」
     岩波  慶一(東京ベイ・浦安市川医療センター 膠原病内科)
共催:グラクソ・スミスクライン株式会社

モーニング教育セミナー3

「関節リウマチ治療におけるBaricitinibへの期待」
日時:11月10日(土曜日)8:00-8:45
会場:第1会場(軽井沢プリンスウエスト 1階 長野)
座長:渥美  達也(北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室)
演者:押領司 健介(松山赤十字病院 リウマチ膠原病センター/免疫統括医療センター)
共催:日本イーライリリー株式会社

▲ Page Top