第26回日本腎不全外科研究会

第1回太田和夫賞

第1回太田和夫賞について

本研究会を立ち上げ、わが国の腎不全医療に長年にわたって多大なる功績を残された太田和夫先生を偲び、 この分野に価値の高い臨床業績・研究成果を示された方々を対象として毎年本研究会で賞の授与が行われることになりました。 第1回受賞は第26回研究会の公募演題が対象となります。選考方法は『太田和夫賞審査希望』にエントリーされた演題を対象に、 本研究会世話人会から委託された選考委員が公正に審査を行います。 審査の結果は2017年7月9日、第26回研究会総会の中で発表、ならびに賞の授与式を予定しております。

審査結果

7人の審査員の累積得点最高位に評された新潟大学大学院腎泌尿器病態学分野 齋藤和英先生が受賞されました (発表ならびに授賞式は第26回日本腎不全外科研究会総会の中で行われました)。
なお次点は済生会八幡総合病院腎センター 安永親生先生となりました。

このサイトについて|Copyright © 第26回日本腎不全外科研究会 All Rights Reserved.