MENU

第51回日本腎臓学会東部学術大会

第51回日本腎臓学会東部学術大会

大会長挨拶

第51回日本腎臓学会東部学術大会
大会長  要 伸也

 第51回日本腎臓学会東部学術大会大会長を拝命しております、杏林大学腎臓・リウマチ膠原病内科の要 伸也です。
 大会のテーマは「臨床腎臓病学の進歩と未来:次の半世紀へ」です。臨床腎臓病学は、近年、基礎医学の進歩を背景にした新たな治療法の開発や腎疾患対策の進展により、大きな変革期を迎えています。新型コロナもこの流れを止めることはできません。次の半世紀の初回となる本会におきましては、本学術大会の特徴である症例報告をメインに据えつつも、若手医師・研究者に対して、幅が広く、進歩著しい腎臓学の魅力と学びの場を提供できる大会を目指して行きたい思います。
 会期は2021年9月25日(土曜日)、26日(日曜日)の2日間です。開催形式は、京王プラザホテル(新宿)での現地開催を予定しておりますが、新型コロナの感染状況を見ながら、WEBの利点も取り入れ、有意義な会となるよう最善の方法を模索して行きます。
 厳しい状況だからこそ、できるだけ前を向きたいと思います。皆さまのご支援をお願いするとともに、多数のご参加を心よりお待ちいたしております。

このページの先頭へ